いくつになっても自分の歯で噛めるように南森町の歯医者

器具

Update Post

しっかりと歯を治療するには

通院を視野に入れて行動しましょう。急に歯が痛みだす事がある人も多い…

歯科治療は早めに行きたい

歯科というのは削る音やその臭いそして痛み、そしてもちろん費用がかかることや…

70歳になっても自分の歯を残す

歯医者というと痛みが出てから行く人が殆どだとおもいます。本当に、そ…

健康な歯を維持するには優良な歯科を選ぶ

老後自分の歯で食べ物を噛むためにも、歯はできるだけ長く維持したいものです。…

しっかりと歯を治療するには

虫歯

通院を視野に入れて行動しましょう。
急に歯が痛みだす事がある人も多いと思いますが「今は痛いけど時間が経てば治る」「我慢して気合いで治す」なんて思っていませんか?それらの考えは大きな間違いで、基本的に虫歯等のはの病気は治療しないと完治しません。風邪等とは異なり、歯の病気は歯科医院に通って治療しないと、決して治る事がないのです。
しかし、だからといって、ただ闇雲に「近くの歯科に通えばいい」と、簡単な話ではありません。残念な事に歯科医には上手い下手という、現実があるのです。上手い歯科に当たればそれで御の字ですが、下手な歯科に当たった日には、治るどころか悪化する可能性もありえます。しかしいくら治療が痛いとはいえ、それが歯科医の腕によるものなのかは、判断に困りますよね。
そこで細やかではありますが、対策を一つ、それはセカンドオピニオンを持つことです。つまり歯科医院を二軒掛け持ちして通うという事です。特に初めて歯科医院に行かれる方は、どの程度の腕で上手いか下手かの判断ができません。そこでメーンと考える歯科医院とは別にもう一つ歯科医院に通えば、自分の歯に適した治療を施せる確率が上がるわけです。
最初に通った歯科医院で痛むことなく完治すれば、問題はありませんが、少しでも治療や歯の経過に、違和感を感じたら、同時に通える歯科医院を検討することを、オススメします。

TOP